水素サロン八王子 まるやま治療院|東京都八王子市大和田町1丁目17−9

#スポーツ

Tagged
トップアスリート達が水素吸引を始めている理由
どうせ水素サロンのオーナーの営業トークだろ・・・ というお声も聞こえてきそうですが、 本当にトップのアスリート達は水素吸引を選び始めているのです。 それには明確な理由があるんです。 ある発見が引き金となりました。 疲労物質は乳酸ではない!? 「昨日久しぶりにジョギングしたらさぁ、全身乳酸バリバリだよ!」 などと言ってい...
【水素】吸わないと、もったいない
病気の原因、肌トラブルの原因、疲労の原因・・・ それらが『活性酸素』であることが“明らか”になっていて、 『活性酸素』を除去するのに【水素】がベストの選択であることが“明らか”になっているのに・・・ 上記のことを伝えるのが私の仕事。 サロンに来てくれる方は水素に興味を持っているので、 それほど伝えるのに苦労することはな...
八王子の鍼灸師が考える、疲れない、老けないカラダ作り
女性誌の○○特集みたいなタイトルになってしまいました。 オーナーの私事で恐縮ですが、 5年前の12月に水素サロンをオープンし、当然私も水素吸引を始めたのです。 週に2回ほど、60分づつ。 体調の好変化は1~2か月ほどしたら表れました。 乾燥肌だったのがシットリ肌になったり、 いい感じで体重が減ってきたり、 疲れにくくな...
美容業界でも、疲労の原因は「活性酸素」
水素吸引のサロンをオープンして、来月で5年目に突入します。 私の個人的な実感です。 活性酸素を除去すれば人生変わります。 水素は最強の抗酸化物質(活性酸素を除去)と言われています。 大袈裟に聞こえるかもしれませんが、 水素を摂る人生、摂らない人生、 何年後かには天と地の差が出ると思います。 科学が進化して研究が進むと、...
水素で治療 研究最前線(毎日新聞WEB)
最近は水素を巡る報道も落ち着いたものになりました。 水素が世に認知され始めた頃は、 面白可笑しく報道する一部のマスコミがいたものですが。 毎日新聞WEB版では 厚生労働省が水素吸引を先進医療Bに追加したことが書かれています。 https://mainichi.jp/articles/20171124/ddm/013/0...
《予告》5周年キャンペーン
12月に入りますと、当店は5周年を迎えます。 お得なキャンペーンを計画中です。 LINE@のご登録をお願いいたします。 https://line.me/R/ti/p/%40suiso802 ご登録の後「トーク」からスタンプで結構です。 一言お送りください。 お楽しみに!
VOGUE Wedding では水素治療を紹介
文字通りウェディングの雑誌です。 水素で活性酸素を適宜クリア タイトルが 「愛する夫とともに、アンチエイジングをライフワークに。」 そのアンチエイジングに欠かせないのが“活性酸素の除去”。 いわゆる“抗酸化”。 「水素はもっとも優秀な抗酸化物質として、外科医療現場でも活用されています。」 https://www.vog...
疲れの正体は「自律神経細胞の錆び」
要は疲れると「悪玉活性酸素」が発生して自立神経細胞を“酸化”させる。 これが“疲労の正体”。 長らく考えられていた「乳酸」ではないのです。 オーバーワークから「肝臓機能が低下」するからではないのです。 疲労の原因は「自律神経細胞の錆び=酸化」。 酸化を引き起こすのが活性酸素(特にヒドロキシラジカルという非常に酸化力が強...
スキューバダイバー、登山家の方、必見
ダイビング中は体内で悪玉活性酸素が大量発生 「水深50mに20分潜って減圧に40分」かけたダイバーは、一時的に活性酸素(ROM)が増加します。 特に毒性の強いヒドロキシルラジカルという活性酸素が発生するそうです。 水素はヒドロキシルラジカルのみと反応し水となり体外に排出されます。 ※詳しくはこちら、ダイビング医学という...
驚異的な水素吸引体験談
Eさん(37歳男性)、今年1月に急性の若年性糖尿病が発覚。 結構怖い病気なんです。 あまり自覚無く病状は進み、命を落とすケースも少なくありません。 実際にEさんはもう少し病院に行くのが遅ければ、 間違いなく救急車のお世話になっていた、と言われたそうです。 糖尿病を判断する数値、ヘモグロビンA1Cといいます。 およそ5,...