水素サロン日誌

慶應大学が報告、気になる水素の可能性

医師がここまで言及します。

たとえ糖尿病になっても、水素があれば、こうした動脈硬化による合併症の予防になります。

私の妹は33歳でスキルス胃がんで死にました。

人の生死という神の領域に、人間が口出し出来るわけありませんが。

為すすべもなくあっという間にあの世に行きました。

 

死ぬかもしれない、

という恐怖は

とても想像が出来るものではありません。

 

でも…

病気の人も、

殺処分の前のワンちゃん達も、

 

一筋の希望の光があれば明日もきっと生きられる。

 

 

慶應大学が報告、気になる水素の可能性

 

ブログの応援もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 

New title

COMMENT ON FACEBOOK