水素サロン八王子 まるやま治療院|東京都八王子市大和田町1丁目17−9

ブログ

あなたが癌になった時・ Vol.1~失うもの

日本人の2人に1人が癌になるそうです。

恐ろしい数字だな、と思います。
昨年一年間で年間37万人の方が癌で亡くなりました。
更に恐ろしいことにその数は年々右肩上がりです。

交通事故で亡くなる方が年間約1万人。

癌で死ぬ方がどれだけ多いかわかります。

サロンオーナーの私自身は癌患者ではありません。
ですが、妹を癌で亡くした「癌患者の家族」です。
その立場から“癌”を考えたいと思います。

もしあなたが癌と診断されたら・・・

どんな方でも治そうと思うでしょう。
(稀に放置という手段を選ぶ方もいらっしゃるようですが)
病院で手術や抗癌剤治療を受ける人。
それを拒否していわゆる民間療法に頼る人。

どちらにしても「治す=治療をする」という行動に入ります。

癌になって失うもの ①時間

治療という行動に入りますとまず「時間」が取られます。
病院へ行く時間、治療を待つ時間、治療を受ける時間、帰る時間、

手術をしたり、入院して抗癌剤治療をすれば、
1日のほとんどの時間を治療に取られます。

癌になって失うもの ②お金

そして治療には「お金」が必要になります。
治療費だけでなく、交通費、入院したときの備品。

癌になって失うもの ③仕事

癌と診断されて、今まで通り生活する人は極稀でしょう。

 

しばらく完全に休業する。
治療の受けるため通院する度に休みを取る。
完全に職を失う。

今まで通り仕事が出来る人はほとんどいないと思った方がいい。

癌になって失うもの ④あなたの家族の「時間」「労力」「お金」

癌患者の家族は第二の患者と言われています。
あなたが癌になったら家族や愛する人は少なからず、
「時間」「労力」「お金」
をあなたのために使います。

愛する人が守るために

身近で癌になった人がいない限り、
癌を身近に感じることはないでしょう。

私も10年前に妹を亡くすまで真剣に考えたことはなかった。

もしここまで読んで頂いた方には“癌患者の家族”としての私の声を心に留めて欲しい。

あなたは癌にならないでください。

あなたが癌になった時、
あなたの愛する人たちも多くのものを犠牲にします。

癌を克服すれば、
犠牲にしてきたもの以上に喜びが待っているかもしれません。

しかし、癌患者の家族が崩壊することも、実はあるのです。

悲しいかな、2人に1人が癌になる今の日本、
あなたには癌にならない準備をして欲しいのです。

続く

LINEでかんたん予約はこちらから

COMMENT ON FACEBOOK