水素バカ日誌

医師が主催するセミナー【最新 水素研究2021】

意外と水素吸入は研究が進んでいるシリーズ、第2弾です。

先月3月27日に、国際水素医科学研究会が主催する、
第1回セミナー【最新 水素研究2021】が開催されました。

コロナ禍のご時世で会場には60名、オンラインで500名の参加者だったそうです。

残念ながら私はサロンを休むわけにいかず参加できませんでした。
参加した人のお話では、
「水素研究成果、水素活用法、水素の未来をディスカッションされてる姿は、
 あれ?もう水素が常識になった未来の世界に来た?
 って思うぐらいワクワクするものでした」

「水素ガスの研究では第一人者である慶應義塾大学佐野先が、
 動物実験において水素ガスが肺からどのように全身を巡るのか
 非常にわかりやすく解説していただきました。」

恐らくコロナの話も出たのではないかと思います。

実際に昨年、中国では新型コロナの重症患者にも水素を吸わせ、
大きな成果が得られたと、
中国の厚生労働省にあたる機関からの発表もあります。

 

酸素を吸って生きている以上、酸化(錆び)していくのが生き物の宿命です。

錆止めを塗った鉄は光っているように、
酸化の元である活性酸素を水素で除去した身体は、
他の人と比べて輝きを失うことなく年を重ねるでしょう。

どうか皆様、一日も早くこのことに氣付いてください。

 

ブログの応援もよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

LINEでかんたん予約はこちらから

COMMENT ON FACEBOOK