水素バカ日誌

カリフォルニア大学・バークレー校まで水素研究!

万病の原因である慢性炎症は水素でしか治せない

意外と水素吸入は研究が進んでいるシリーズ、第1弾です。

非常にインパクトのあるタイトルですが、
慶応大学とカリフォルニア大学・バークレー校との共同研究だそうです。

私は水素に10年近く携わっていますが、
慶大教授らがこれほど言い切る表現はごく最近と思います。

それだけかなり研究が深堀りされているのでしょう。

詳しくはぜひこちらをご覧ください。
万病の原因である慢性炎症は水素でしか治せない/時事通信(2021/03/05-18:16)
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000012.000047753&g=prt

 

ここまで言い切っていいのか???

読むヒマなんてないよ!
という方にちょっとだけ抜粋します。

「従来の薬は急性炎症疾患を制御できても慢性炎症疾患は制御できません。
病気の多くは慢性炎症がその根源にあります。」

「水素は不活性物質ですが、
活性酸素種の中でも最も酸化力の強いヒドロキシルラジカルを選択的に消去できます。」

「水素はミトコンドリアの中に入り、
ヒドロキシルラジカルを消去できる唯一の物質ですので、
水素でしか慢性炎症疾患や慢性炎症に関連する多くの疾患を治すことができません。」

「水素は(中略)新型コロナウイルスで誘発された炎症を抑制する可能性があります。」

 

お問い合わせはお気軽にLINEからどうぞ。
友だち追加

 

ブログの応援もよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

LINEでかんたん予約はこちらから

COMMENT ON FACEBOOK