水素バカ日誌

有名大学の教授までも水素に言及し始めた

下記リンクは
一般社団法人 臨床水素治療研究会 理事:川口鎮司先生のコラムです。
(川口先生は東京女子医科大学医学部 臨床教授)

膠原病治療の新たな併用療法として 水素の持つ可能性に期待!


代表的な疾患はリウマチ。
未だ原因は不明の免疫疾患です。
なぜか自己免疫が自身の関節を攻撃してしまい、
炎症を起こし続け腫れ、変形してしまう人も多い。

免疫を抑制し抗炎症作用もあるステロイドによる治療が中心になります。

しかし川口先生も仰るとおり
「長期間に及ぶステロイド治療には好ましくない側面が多々あるわけです。」

さらに
「根本的な原因が解明できていないため、膠原病に対して本当に有効な治療薬というのはいまだ存在していません。」

 

Q&Aを少しだけ抜粋します

――では、そんな膠原病において、水素治療はどのような可能性を秘めているのでしょうか。

やはり、水素治療に携わるすべての人が理解しているように、
酸化作用に対する抑制効果であり、
一言でいえば還元作用でしょう。
例えば関節炎を起こす部位には必ず酸化が起きており、
その酸化を抑えることができれば炎症は治ります。
副作用もありません。
膠原病治療においてもこの仕組みを応用できるのではないかと期待しています。

 

2010年に推測をしました。

“水素はじきに医師も扱うようになる。
 それは15年後、2025年くらいから始まるかな。”

全く根拠はありません。
感覚だけの推測でした。

蓋を開けてみたら、私の推測は大きく外れてしまいました(笑)
実際には2010~2011年くらいから、
ごく少数の医師が水素を取り入れ始めていました。

そして驚くことに・・・
全国で336の医療機関で水素風呂や水素吸入を推奨しているのです。
当店でも取り扱い中の水素風呂「リタライフ」と水素ガス「リタエアー」です。

 

水素風呂リタライフの詳細はこちら

水素吸入リタエアーの詳細はこちら

まだまだ水素は「トンデモ医学」などと揶揄される存在ですが、
実際には多くの医師や医療機関で扱ってます!

 

よろしければクリックして応援お願いいたします!
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

LINEでかんたん予約はこちらから

COMMENT ON FACEBOOK