水素BAKA日誌

水素吸って爆発しないの!?

エネルギーでは水素ガスが注目され、
脱炭素時代の主役になっていくのは間違いありません。

我々水素吸入のサロンを経営している者にとって、
水素の注目度が上がるのはうれしいのですが・・・
『水素吸って爆発しないの!?』
という疑問を持たれる方が多くなりまして・・・
その疑問にお答えしたいと思います。

 


排気ガスがなくなるとき

その前に・・・
ちょっと想像してください。

ガソリンで動く自動車は排気ガスを排出します。
それによって空気が汚されます。
ところが水素を燃料とする自動車は排気ガスを排出しません。
出てくるのは水のみ。

人間も動いている以上、排気ガスが体内で発生しています。
困ったことに身体はクルマと違い、
排気ガス(悪玉活性酸素)のほとんどは排出されず体内を汚しまくります。

悪玉活性酸素が多ければ、
病気になったり死が早まったりするのです。

残念ながら、悪玉活性酸素は誰の身体でも発生しています。

排気ガス(悪玉活性酸素)を除去した方が良さそうだ、
ということはご理解いただけましたか?

水素によって大気はきれいになっていくと期待されます。
では身体は・・・?

 

水素で体内もきれいにしましょう。

水素吸って爆発しないの!?
という疑問を持つ方がが多いですが、ご安心ください。

爆発する水素濃度は、4~75%です。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieiej/36/4/36_263/_pdf/-char/en

当店取り扱いの機器は全て約2~3%。
何時間吸っても爆発しません。

慶応大学では心肺停止した重症患者に濃度2%の水素ガスを連続18時間吸わせる実験を行っています。
顕著な結果が出ているようです。
下記のリンクから一言だけ抜粋します。

『水素ガスは体内で様々な有害物質を無毒化できるのではないかと期待されています。』
http://www.hosp.keio.ac.jp/about/yakuwari/senshin/senshin16.html

 

よろしければブログの応援をお願いいたします!
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

LINEでかんたん予約はこちらから

COMMENT ON FACEBOOK