ブログ

あえて免疫の話を簡単にしてみましたVol.3 〜免疫力の話がなぜ難しいのか?〜

一介の水素サロンオーナー兼鍼灸師の私が、
免疫などという複雑怪奇の分野を簡単に説明するという無茶なことを始めてしまいました😅

でも、やり始めた以上は続けてみようと思います。

🌈今回はクルマに例えてみました。

『免疫力を上げる』=『クルマ🚘の性能をアップする』

クルマ🚘の性能をアップするには・・・
1,エンジンオイルを最高級の物を頻繁に交換する
2,レギュラーガソリンをハイオクに替える
3,タイヤを最高級のものにする
4,ブレーキもしかり
5,エンジンに無理な負担を掛けず、ときには高回転で回してあげる

などなど、挙げたらきりがないのでしょう。

 

これを免疫力に例えたら・・・

1,ニンニクやネギ、発酵食品を常に摂取する
2,普段食べている物を低農薬・無農薬に替える
3,筋肉を適度に鍛える💪
4,質の良い睡眠💤をとる
5,ストレスを上手にかわし、時には発散する

といったところでしょうか?

 

では免疫力の話がなぜ難しいのでしょうか?

1と2は比較的簡単です。
あまり頭を使わなくても出来ます。

3~5は・・・結構難しい。
これは頭と心を使わないと出来ません。

いくらクルマの性能を高めても、
運転手がバ○だったら全く意味がないのです。
ブレーキとアクセルも間違えてしまう運転をしていたら高性能のクルマも壊れます。

運転手が正しい状況判断をして適切に運転して初めて高性能のクルマが生きるわけです。

 

免疫力を上げる!

〇〇を食べると免疫力が上がる!・・・わけないのです。

自分の頭と心を使って、自分をコントロールしない限り免疫力は上がりません。

あなたの身体の性能を上げることはもちろん大事。

それ以上に高性能の身体をコントロールする“頭脳”と“行動”の方がはるかに大事だと思っています。

免疫力とは、まさに力です。
力は簡単につかないのです。

 

 

もうそろそろ、マスコミに踊らされるだけの思考は止めませんか?

 

※トップの画像はAMV8さんによる写真ACからの写真

LINEでかんたん予約はこちらから

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK